中村橋駅徒歩30秒の皮膚科なら斉藤皮膚科

03-5241-8631
03-5241-8131

斉藤皮膚科

しみ・毛穴の開き

  • 診療メニュー
  • ニキビ・ニキビ跡・赤ら顔
  • しみ・毛穴の開き
  • ほくろ・イボ
  • 脱毛
  • 美白・美肌
  • その他
  • 他
  • 美容化粧品・サプリメント
症例
斉藤皮膚科

しみ、毛穴のひらき

斉藤皮膚科
フォトシルクプラス
斉藤皮膚科

当院導入以来、3000症例以上を経て、いまだに新しい患者さんが増え続けている最も多くの方に支持されている美容機器です。人気の理由は特殊なレーザーのように照射したあと、じゅくじゅくした部位に一つ一つガーゼを貼って乾かしたりする手間がないこと。数回の処置でもしみやこじわや毛穴の開きなどに何らかの効果が出てくること。どんなに薄くなったしみでもエネルギー量を高めるとまだまだ反応が出ること。施術後の反応も少し火照ったり、ややひりひりするくらいで激しい痛みとかがないこと。他の施設のように全員一律で決まったエネルギーで照射し、いたずらに回数を重ねるのではなく、反応が少なそうであれば、思い切ってジュール数を上げてしまい、出来るだけ少ない回数で効果を上げようとすること、だと思われます。

初めての方は顔に塗るジェルの冷たさに驚くようですが、それでも途中でジェルが温まってしまうので、大量に冷たいジェルを追加します。初回はうぶ毛が燃えたりしますのでどうしても軽めに照射します。したがって、最低3回か4回は必要です。回数は多ければ多いほど効くようですが、ある程度で止める方もいらっしゃいます。やめたからと言って前よりしみが濃くなるわけではありません。ただどうしても日常生活上、紫外線にあたってしまいますので、一年もすると再びメラニン色素が少し増えてきて、せっかくきれいになったのが少しくすんできます。くすんできたタイミングで一年に一度、数回照射を維持療法で受ける方が多いです。

症例
照射前   照射後
CDトレチノインとのコンビネーション治療

どうしても問題になるのは肝斑と色素斑の中でもレーザーや光治療器などでとれないしみの存在です。とくに肝斑は一度、完全にとれても数日間で再発してきます。
肝斑であることが判明したならそのしみには強い光をあてないで、ごく弱めのエネルギーをあててメラノサイトを弱らせることに主眼を置きます。

症例
照射前   照射後
斉藤皮膚科
pagetop